プロフィール

boncuk*tile

Author:boncuk*tile
スペインタイルを始め、色々な種類のタイル作りに
挑戦中です。
boncuk・・とは、トルコ語でガラス玉や石製の飾り玉の意味。
キラキラきらめく、ガラス玉のように・・
いつかトルコのタイルも作れるようにと思っています。
是非、boncukを宜しく・・

(日記でご紹介している作品の
デザインは
スペインタイルアート工房と
Boncuk*tileのオリジナルです
ので、無断で転載・使用など
されませぬようお願い致します)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

スペインタイル /色んなタイルを楽しもう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋だから・・・「グェッリーノ・トラモンティ展」
芸術の秋だから・・・「グェッリーノ・トラモンティ展」

先週はとても忙しく、タイル制作はちょっとお休みでした。
やっと今日、タイル教室に行ってきましたよ。
トルコ風大皿のオイル描きの残りを、やってきました。
これがまた、大変。とにかくオイル描きは苦手。
それが大皿ときた。
修正も難しいので、間違えられないのに筆を落として汚して
しまったり、線がよれってしまったりと凹み続けました。
ああ~ちゃんと上手くなるのかなぁ。

今日は、サクッと教室を切り上げて以前から行きたかった
展覧会に行ってきました。

グェッリーノ・トラモンティ

国立近代美術館工芸館で行われている「グェッリーノ・トラモンティ展」。

グェッリーノ・トラモンティ展




国立近代美術館工芸館は、皇居の斜め前にあり
旧近衛師団司令部庁舎として建築された建物で明治洋風レンガ造り建築の一典型として
重要文化財に指定されているとのこと。

工芸館1

工芸館2

緑の中に建つ素敵な建物。この建物を見るだけでも、いい気分になります。

そして、展覧会へ・・
イタリアの芸術家、グェッリーノ・トラモンティは
マヨルカ技法を使った皿や壺をはじめ、色々な陶器や油絵など素敵な色遣いで
作品を作った匠。
イタリアマヨルカの明るい作風が素晴らしかったですよ。

そして彼の作品はマヨルカ技法から顔料の下絵にガラス釉(フリット釉)
を使った作品等に進化。
他にも轆轤で作った白炉器に結晶釉という釉薬を施してまるで
氷の結晶が散りばめられているような素敵な柄の陶器などで、
とても興味深い作品がたくさん展示されていました。

ガラス釉や結晶釉なんて、はじめて見たし結晶釉の美しさに
本当に驚きました。
結晶釉って、どうなっているんだろう?
ご存じの方、是非教えてくださいませ。

そして、工芸館のチケットを買うと国立近代美術館の常設展の
チケットも無料で頂けたので、もう閉館間近でしたが大急ぎで
国立近代美術館にも行ってきましたよ。
「麗子像」やたくさんのすばらしい作品が無料で見られたので
とても得した気分・・
今度は、もうちょっとゆっくり見に行こうと思います。
やっぱり、秋は美術館めぐりに限りますね
コメント
これはまた
楽しそうな展覧会。
こんばんは、
やっぱり良いものを現物で見るのはいいですよねー。
勉強にもなるし。

もうちょっと暇になったら、
私も何か展覧会探してみよっと。
それでは。
[2011/09/28 01:08] URL | zeytin #aH9bvg9U [ 編集 ]

芸術の秋ですもの・・・
>Zeytinさん
コメントありがとうございます
久しぶりに、展覧会というものに行ってきました。
子育て期間中は、こんな時間はなかなか持てなかったので
その時間がとれただけうれしかったです
これからも、色々な作品を見て勉強したいと思います。
イスタンブールでもたくさんの展覧会が開催されて
いると聞きますので、是非様子を教えてくださいね。
[2011/09/28 08:29] URL | boncuk*tile #- [ 編集 ]


グェッリーノ・トラモンティ展素敵ですね!
私も、10月のどこかで行ってみたいです。

ガラス釉といえば、
先日行った、神奈川県民ホールの入選作品にもガラス釉を
使ったお皿や、壺がありました。
とても綺麗で面白い手法でした。

日本の陶芸でも、今はこのガラス釉が結構使われているみたいです。

そう言えば、余談ですが、
NHK朝の連続ドラマの後の番組・・・
あさイチのゲストの後ろの壁に
お皿がたくさん飾ってあって、
全部中央がガラス釉薬だと思うのですが。
どうかな?
[2011/09/28 18:52] URL | カマクランタイル #- [ 編集 ]

釉は色々
>カマクランさん
コメントありがとうございます
グェッリーノ・トラモンティ展、とても面白かったですよ。
是非、行って見てくださいね。
彼の作品は絵柄が大胆で、でも可愛い。
彼はきっと海の近くで制作していたと思われるのですが、
魚やネコ・女性・梨など彼が好きなモチーフを何回も
作品で使っていて、それぞれ面白い作りでした。

ガラス釉や結晶釉はとてもすばらしく、これをタイルに
使えたらまたちがったものが出来るのに・・・と
思いました。
ガラス釉は出来るかもしれないですが、結晶釉はかなり
釉薬の配合や焼成が難しいようで、ちょっと無理そうです。

NHKの朝の番組ですか?
今度、見て見ますね。
意外とドラマや色々な番組の
背景で面白いタイルやお皿がありますよね。
この間終わってしまったのですが、土曜夜9時に「ドンキホーテ」という
面白いドラマがやっていて、その中で極道の事務所が出てくるのですが
その事務所の壁にどうみてもポルトガル柄のタイル?と思われる
タイルがたくさん飾ってあって、ドラマよりもそっちに目が
釘づけになってしまいました。
まったく、タイル病ですね!(^◇^)

[2011/09/28 23:06] URL | boncuk*tile #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。