プロフィール

boncuk*tile

Author:boncuk*tile
スペインタイルを始め、色々な種類のタイル作りに
挑戦中です。
boncuk・・とは、トルコ語でガラス玉や石製の飾り玉の意味。
キラキラきらめく、ガラス玉のように・・
いつかトルコのタイルも作れるようにと思っています。
是非、boncukを宜しく・・

(日記でご紹介している作品の
デザインは
スペインタイルアート工房と
Boncuk*tileのオリジナルです
ので、無断で転載・使用など
されませぬようお願い致します)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

スペインタイル /色んなタイルを楽しもう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルフトタイル 『三種のお皿』
デルフトタイル 『三種のお皿』

前回、1枚帰ってきていたオランダのデルフトタイル技法で作った
お皿3枚セットが出来あがりました。
青のみというのは、いつみてもさわやかで素敵です。
今回は、籐のかごも付いてきましたよ。

<デザイン:スペインタイルアート工房>
デルフト3種の皿

籐のかごにいれました。

デルフト3種のお皿籐かご

次は、マヨルカ技法で作る立体作品。
『ソープ入れ』と「歯ブラシ立て』です。
立体は、下絵を写すのも絵付けも難しいです。
マヨルカ 「ソープ入れ」

コメント

日本的な言い方だと染付け、中国だと青花、
青のみの絵付けっていいですよね。僕も好きです。
そう言えばこういったタイルに使用している青の絵の具って
日本の磁器で使用する呉須とはまた違うものなんですか?
[2011/09/06 12:35] URL | teppeiyama #NkOZRVVI [ 編集 ]

やっぱり青は
いいですね。
下絵を写すのは鉛筆?それとも炭の粉?
トルコのは炭の粉です。
来週から私の教室の登録が始まります。
10月から授業開始。
あー早く始まらないかな。

今年は私も沢山立体物に挑戦したいです。

[2011/09/06 13:38] URL | zeytin #dGwVHCMs [ 編集 ]

勉強せねば
>Teppeiyamaさん
コメントありがとうございます

>日本的な言い方だと染付け、中国だと青花、

うう~ん、そういうんですね。
この青一色のデザインはアジア当然として
オランダのデルフトもイギリスにもありますよね。
世界のどの範囲で、青の陶器は作られているのでしょうね。
興味がわきました。

>日本の磁器で使用する呉須とはまた違うものなんですか?

勉強不足で呉須という絵の具がどういうものなのか、わからない
のですが、先生曰く日本の土や磁器ではこの釉薬は乗らないと
言っていました。スペインの土ではいけるのですが、日本のはダメ。
でも、同じ欧州。トルコの土ならいけるかもしれません。
今月、陶芸に挑戦してくるので呉須について勉強してきますね。
(友人いわく、陶芸教室にたくさん釉薬があるらしいので今から楽しみ)
[2011/09/06 14:49] URL | boncuk*tile #- [ 編集 ]

トルコの青も素敵です
>zeytinさん
コメントありがとうございます
下絵を写すのは、私も炭粉です。
でも、トルコとは違って下に白の釉掛けを
一度します。
チニチニさんが、教えてくださったのですが
炭で汚れてしまったら塩を振って炭を落とすことが
出来るそうですね。でも、釉掛けをしているので
それも、出来ないかも~とガックリしたことを
思いだしました。トルコではビスクに直接下絵を
写すのですね。それも、やってみたいな。
10月から授業がはじまるそうで、今からワクワクして
居る様子が伝わってきます。
また、作品が出来たらアップしてくださいね。
楽しみにしております。

[2011/09/06 14:54] URL | boncuk*tile #- [ 編集 ]

ということは
白の釉薬→炭粉で下絵コピー→
絵付け→透明釉薬(これはもしかしてやらない?)
という工程なのでしょうか?
面白ーい。
トルコの素地は白の化粧土かかってますから、
ちょっとした失敗なら削って修正可能ですし、
塩もOKです。イズニクのTAŞ KAROだとそうもいかないですけど。
下絵前に釉薬かけるとそうもいかないですね。
そういえば鉄平さん楽焼やるとき砂糖入れてましたよね。
釉薬が面白い反応していましたが、
スペインタイルとかでも応用可能?

授業は試験に受かれば、
チニチニさんお二人のの恩師のミマルシナン大学の先生に
教えてもらえるのですよ。
受からなかったら1年浪人します。ははは・・・。
時間があれば今年はTEZHİPもやる予定です。
これも楽しみ~。
もう育児は放棄しました。v-413
[2011/09/06 16:12] URL | zeytin #aH9bvg9U [ 編集 ]

色々です
>zeytinさん
クエルダセカの場合は、素のタイルに鉛筆で下絵を写し
釉薬を流します。その上からは、透明釉は掛けません。
マヨルカの場合は、素のタイルに白の釉掛けをして絵付けをする
場合と、このソープケースなどのように
すでに白の化粧土のかかったビスクにもう一度
白の釉掛けをする方法があります。
(色の深みがでるそうです)
ベトナムタイルなどは、透明感を出すためにあえて
釉掛けをせずにビスクに下絵を写して描くようですが
(そのあと透明釉を掛けると思います)
マヨルカは基本、このように釉掛けをします。
そして、その上に炭粉で下絵を写し絵付けをします。
釉掛けした釉薬にはすでにガラス質が含まれているので
透明釉は掛けません。
間違ったときは、この白の釉を削れば大丈夫。
でもオイル描きの時は、修正は無理ですが・・
スグラフィートやレリーフタイルなどエンゴーベと言われる
化粧土を絵の上に塗る技法の場合、透明釉を掛けます。
食器など水に触れるものは、基本透明釉を掛けるようです。
(無鉛の釉です)
技法や用途によって、釉薬の使い方がすべて違うので
楽しいです。

試験に受かったら、すごい先生に教えて頂けるのですね。
楽しみですね。あんなに上手ですから、きっと楽勝です!
Tezipとはどういうものですか?
私も子育て、そろそろ引退(したい・・)時期です。(希望・・)

[2011/09/06 20:07] URL | boncuk*tile #- [ 編集 ]

@@
頭がぐるぐるしてきました。
全部理解するには体験あるのみのような気がします。はい。
でも、全部体験できたら楽しそう~。

TEZHİPというのはコーランの周りなどの装飾画です。
ちまちまキラキラとした装飾があるでしょう?
あれです。
若い人でも虫眼鏡を使って描いている人もいるので、
老眼に足を一歩突っ込んでいる私ができるかどうか
分かりませんが。
先生にデザインの幅が広がるから、
是非やりなさいといわれての挑戦です。
それになんていってもtezhipもçiniも授業料が無料ですから
いくっきゃありません。
無料という言葉によわいんです。ははは。

最近は育児というか家事さえも放棄しているような・・・。
さすがにちょっとまずいですよねぇ。v-399

チニチニさん達いらっしゃらないとさびしいですね。
早く帰ってきてくれないかなあ。
[2011/09/07 02:12] URL | zeytin #aH9bvg9U [ 編集 ]

無料は素敵
>zeytinさん
そうですよね。
実際、やってないと見えてこないですよね
チニの世界は、奥が深いとやってて思います。
でも、楽しいです。


TEZHİP・・面白そうですね。
私も老眼厳しくなってきたので、細かいのは
どうか~と思いますがやってみたいです。
下絵を写すのが大変そう。
無料であんなに素敵なものを、学べるなんて
いいな~

チニチニさん
お出かけ中なんですね。
私も早く帰ってきてほしいです。(*^_^*)
[2011/09/07 08:37] URL | boncuk*tile #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。