プロフィール

boncuk*tile

Author:boncuk*tile
スペインタイルを始め、色々な種類のタイル作りに
挑戦中です。
boncuk・・とは、トルコ語でガラス玉や石製の飾り玉の意味。
キラキラきらめく、ガラス玉のように・・
いつかトルコのタイルも作れるようにと思っています。
是非、boncukを宜しく・・

(日記でご紹介している作品の
デザインは
スペインタイルアート工房と
Boncuk*tileのオリジナルです
ので、無断で転載・使用など
されませぬようお願い致します)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

スペインタイル /色んなタイルを楽しもう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりでございます
と~ってもお久しぶりで、申し訳ありません。
ちょっと、色々忙しくタイルも制作できていませんでした。

この、年末になって去年から作っていたレリーフタイルがお教室から帰ってきたので
久し振りに、ご披露いたします。
花の舞



これは、スペインの白い土を地から練って、デザインを彫刻刀で彫って釉薬をいれた
力作?でごっざいます。
な~んて。でも、きれいに色がでたので、嬉しいです、
これをどうやって、壁に飾ろうか、これが難題ですが。

年末からまた、タイル活動を少しずつ開始いたします。また、作品をみてくださいね。

2つ目の時計は、クエルダセカで作った細かいバルセロナ街を描いたものです。
枠が出来てきたので、入れてみました。枠があると素敵にになりますね。

<デザイン:スペインタイルアート工房>
バルセロナ時計


春に苦労して咲いた、ストレイチアがまた蕾をつけてくれました。
来年咲いてくれるかな~
スポンサーサイト
展示会終了~です。
展示会終了です

前回のアップからなんと1か月もたってしまったのですね。
書いてません広告が、出てしまっていました・・・ガックシ

この一か月、展示会のために徹夜とはいわずも、缶詰になって制作していたので
PCに落ち着いて座ることが出来ませんでした。
やっと、日曜に展示会&体験会が無事終了しました。
たくさんのお母様、お嬢さま方が見に来てくださって、楽しい会になりました。
土日は本当に極寒で、こんな寒い中来てくださるかな~と心配でしたが
開催時間すぐにお客様がいらっしゃって、嬉しかったですよ。

私のスペインタイルの他に、今回はポーセラーツの先生・キッチンハーブの先生
スクラップブッキング・ブリザーブトフラワー・リボンフラワー・レジンクラフトの
各先生方が、参加されていて本当に華やかな会場になりました。

今回、あわてて制作した作品の一部をご紹介いたします。
会場でお嫁に行った作品もありますが、事前に写真を取ってあって
よかったです。


(オリジナルデザインなので、ネームが入っています。見づらいかもです。)

<サインプレート>

IMG_2593-1.jpg

IMG_2595.jpg

IMG_2598.jpg

<表札>

なぜ田中さんと鈴木さんかというと、お名前が多そうかな?という理由(笑)

IMG_2624-1.jpg


IMG_2629-1.jpg

鈴木さんタイルは、ちょっと色に斑があるのでもう一度修正する予定。

表札は基本、オーダーをお受けして制作するので、サンプルとして展示しました。
アイアン枠もつけられるんです。
すでに、表札のオーダーをご検討してくださる方もいらっしゃって
展示してよかったです。


<水彩皿>

IMG_2613-1.jpg
大好きなフクロウモチーフです~ ちょっと、とぼけてますが・・

IMG_2604.jpg

まだまだ、ありますがこの辺で・・・
この後、嫁に行かなかった作品たちは、別の展示会にまたお出かけ予定で~す。

この後は、卒業制作のでっかいパネルタイルを作らなきゃ。
45×60㎝の大きさの作品に取り組む予定です。


素敵な作品
素敵な作品に出会えました

スペインバレンシアで素敵な作品を制作されていて、たくさんのすばらしい賞を
とっていらっしゃらるスペインタイル工房の先生、船戸あやこ先生の展覧会が
あってちょこっと、銀座まで行ってきました。
あやこ先生にお会いするのは、初めてでちょっと緊張~するのが普通なのに
あや子先生の楽しいお話に、おしゃべりしまくってしまいました。(*^_^*)
きっと、ご迷惑だったかな~。
でも、作品の内容や技法・その他色々なお話を聞く事が出来て、楽しかったです。

明日まで、「見る色展」が銀座のソレイユさんで展示されています。
その後は、自由が丘 きらら館で「使う色展」が行われます。

可愛いお皿や小物、そしてもちろん、先生のシリーズ物「セラミックフラワー」も
たくさん展示されていました。
私は、可愛いネックレスをゲット。

ayakosensei1



船戸あや子個展

ところで、自分の制作ですが・・・・
只今、色見本を制作中です。地味~な作業で、すみません。
フクロウは、ラスターを修正してまた窯に帰ってもらいました。
なかなか、作品が出来ないな~。
クエンカタイル 完成です
クエンカタイル 完成です&マヨルカタイル

先日、修正したクエンカタイルが窯から帰って参りました。
色を重ねたら、かなり良くなってきました。
一つずつの色が、強烈なので組み合わせが難しい。

型があるので、同じデザインで今度は違う色で
作ってみようと思います。

<デザイン:スペインタイルアート工房>

クエンカタイル 花完成

マヨルカの花も模様タイルも、窯から帰ってきました。
このタイルは、同じようにもう一枚先生の指導なしで作る課題になって
います。
修正点を確かめて、同じように作らなければなりません。

<デザイン:スペインタイルアート工房>

マヨルカ花 1枚目

前々回くらいに、お願いしていた「トルコ語の詩」は結局色々探した結果
友人の勧めで、トルコの詩人Ahmet Kutsi Tecerの
「Orda Bir Koy Var Uzakta」という詩にしました。

ORDA BİR KÖY VAR UZAKTA

Orda bir köy var, uzakta
O köy bizim köyümüzdür.
Gezmesek de, tozmasak da
O köy bizim köyümüzdür.

Orda bir ev var, uzakta
O ev bizim evimizdir.
Yatmasak da, kalkmasak da
O ev bizim evimizdir.

Orda bir ses var, uzakta
O ses bizim sesimizdir.
Duymasak da, tınmasak da
O ses bizim sesimizdir.

Orda bir dağ var, uzakta
O dağ bizim dağımızdır.
İnmesek de, çıkmasak da
O dağ bizim dağımızdır.

Orda bir yol var, uzakta
O yol bizim yolumuzdur.
Dönmesek de, varmasak da
O yol bizim yolumuzdur.

Yazar : AHMET KUTSİ TECER

これはかなり長い詩なので、絵の具で
文字を書くのはかなり難しく、文字を書くのを
長くお休みしていたために、字がヘロヘロになって
しまいました。
まあ、しょうがないかな~

クエンカタイル 「1次焼成より帰還いたしました・・」
クエンカタイル 「1次焼成より帰還いたしました・・」

かなり滞っておりました、本業のタイル制作。
前回、窯に送り出したクエンカタイルとチューブラインニングの1次焼成が
帰ってまいりました。
1次焼成は、地に釉を敷くのが目的なので、薄く色を入れます。
かなり、モヤモヤでイマイチの色の出方です。
色も、この配色でいいのか?とちょっと心配になってまいりました。

<デザイン:スペインタイルアート工房>

クエンカタイル1次焼成


まあ、このあとミルフィ~ユのように何回も薄く釉を流して色を
濃くしていきます。
あまり釉が濃いと、釉がはじけてしまったりしたよくないんだそうです。
チューブラインニングは、オイルと化粧土の混じり方がイマイチだったようで
線がボロっとなっています。
これも、練習が必要です。綺麗に作る事が出来ると、本当に素敵なタイルに
なるんですよ。

とりあえず、色を流してまた窯に戻って頂きました。

クエンカタイル 1次修正

そして、マヨルカの絵付け

マヨルカ 花のタイル1次

これも、窯に送り出しましたよ。
マヨルカは、色の濃淡を出すのがとても難しいです。
何層にも、色を塗り重ねて行かなければなりません。
練習・練習・・・いつも同じものが作れるように頑張らねば



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。